表紙

 

【読者からのお便り】

普段色は感覚的に使ってしまうが、
少しの配色の違いで絵の印象は全く異なる。
配色が様々な角度から分析されており、
説明もわかりやすくとてもためになった。


コラム的に書かれた画家たちのエピソードが
面白かった。身近に感じられて、
当時の時代背景がわかり、
より作品への理解につながった。

みみずく アート シーイング
巨匠に学ぶ配色の基本
――名画はなぜ名画なのか?
視覚デザイン研究所 編
定価(本体1900円+税)
A5 144P(オールカラー)
ISBN978-4-88108-206-5

配色の基本が一目瞭然でわかります。
名画をみると私たちの心に共感が生まれ、
深く記憶に刻まれます。
この本は共感を生む配色のしくみが、
ひとめでわかります。

解説している名画たち
ゴッホ 夜のカフェテラス
ブリューゲル 農民の婚宴
フェルメール 牛乳を注ぐ女
ほか

視覚デザインで買う

目次


本文


本文
本文 本文