表紙
画像をクリックすると大きな画像が開きます


【読者からのお便り】


子どもだけでなく、家族、親戚で大人も楽しめました。少しひねってあるので、みつけたときは大盛り上がり。迷路や恐竜探しは何度でもでき、集中力が身につきました。 (4歳6ヶ月の男の子)


本当は違う本を買いにいったのですが、本人が御社の本を気に入り購入しました。迷路として遊べますが、絵がとても躍動的で、自分もその世界に入り込める気がします。巻末の恐竜図鑑など丁寧にまとめらていて、大事にしたい1冊です。
(5歳10ヶ月の男の子)


きょうりゅうのめいろは、自分が、そのめいろの中にいて、がんばっているところがうかぶようなおもしろい本でした!
(3歳9ヶ月の女の子)


視覚デザインのえほん
どこどこ迷路の 大恐竜時代

視覚デザイン研究所 さく
島田 ちとせ 草間 匠 え
くにすえ たくし シーンデザイン

定価(本体1300円+税)
303mmx224mm 43P
ISBN978-4-88108-248-5

恐竜が地球に現れたのは約2億3千年前。はじめは小さくて、は虫類より弱かったんです。そこから突然絶滅する約6600万年前までの恐竜が活躍した時代を、ダイナミックな13シーンで展開。
各ページに迷路と探しものが満載。
大人も本気で夢中になれる密度の濃い、クオリティの高い恐竜えほん。
最大の見どころ、ティラノサウルスの戦いシーンは、ワイド4P見開きの大迫力。巻末には本に登場する恐竜たちを一覧できる図鑑付き。



視覚デザインで買う

本文


本文


本文
本文 本文